homme à femme

fluctuat.nec.m@gmail.com

CAアポ【ホテル】

f:id:coqeut:20141229073941j:plain

CAアポ最終回です。

ここまでお読み頂いたたくさんの方々に感謝が堪えません。

過去の記事を何度も読み返し、アポの参考にしている方々も多くいらっしゃると伺うと、俄然やる気が起きます。

ブログを開設したのは、思考の整理の側面もあったのですが、今では、何よりも、ブログ読者の方々から勉強させてもらっています。

一期一会、大切にさせてもらいます。

前置きが長くなりました。

今回は、お店を出て、ホテルへ誘います。

 

・ホテルへ誘う時は、さり気なく明るく

「落ち着いたところへ行こう。」

「静かなところへ行こう。」

「飲みすぎたから少し休んでこう。」

「2人で素敵なところへ行こう。」

などと誘います。

グダられたら、今夜だけは特別感を演出し、もうひと押し。

それで、彼女が引いたら放流。

今なら間違いなく許してくれるだろうと思っても、はやる気持ちを抑えて慌てないことです。

なぜなら、彼女は、挿入する性ではなく、受け入れる側の性だから。

グダられる原因は、食いつきや和みにあります。

 

・2軒目の利用について

その前に、「彼女とは何か合わないな」「楽しくないな」と思ったら、1軒目の早い時間で切り上げます。

その分を、声掛けの時間に当てるのが有益だからです。

2軒目に行くのは、1軒目で和み切れていない場合です。

ボディタッチへの反応が微妙だったり、雰囲気を変えて深い話がしたい時などです。

2軒目では、再度、和みを意識します。

例えば、BARのカウンターで横並びに座り、後ろ髪か横髪にタッチします。

ポイントは、上体が接近したまま偶然触れたように振舞うことです。

「きれいな髪だね。」

「いい香りがする。」

などと囁くと、さらに自然です。

この時、触られても気にせず、そのまま手に委ねられているようなら好ましいです。

ホテルへ向かいましょう。

 

CAは、1軒目で、手繋ぎと髪へのタッチをスムーズに行えたからか、ホテルへのグダは発生しませんでした。

ホテルで、CAの右の花、左の花とゆっくり、片方ずつ開かせると、十分極まり、迎え入れるものを待ちあぐねているかのようでした。

彼女は、踊るように、喘ぐように、祈るように、叫ぶように呻きを洩らします。

鎖を解かれ、本能の赴くまま求め続けてきます。

融け合い、ひとつとなり、海に沈むように眠る時、言いようの無い幸せに包まれます。

ところが、目覚めると、美しいけれど冷たく脆い灰に気付くのです。

 

次回は、流星道場入門について書く予定です。

 

 

記事について何か感じたことあれば、お気軽にコメントください。

 

Twitterもご覧頂けたら幸いです。

常時、フォローやメッセージ歓迎です。

http://twitter.com/joooeeeyyyoey

質問や感想など、何でもどうぞ。

 

ナンパ仲間、募っています♪

広告を非表示にする