homme à femme

fluctuat.nec.m@gmail.com

女の子の家

f:id:coqeut:20150828224848j:plainセックスして良かったら、相手をもっと知りたくなる。

その時は、女の子の家へ行くのが1番だ。

 

「寝る時はベッドか布団か?」

「朝食はパンかご飯か?」

「どんなカーテンか?」

「どんなワードローブか?」

「どんな本棚か?」

 

などなど、興味が尽きない女の子に会えたら幸運だ。

以下、女の子の家へ行く『動機』・『方法』・『得られるもの』について、順に記していく。

 

 

1.動機

 

『女の子をもっと知りたいから』

女の子の家は、女の子が世界で1番リラックスできる場所かもしれない。

心も体も開かれるだろう。

 

『深い関係を築けそうかの判断をしたいから』

「こいつを彼女にしたい。」って思える女の子は少ない。

また、その直感は勘違いの可能性も高い。

ただ、女の子の家へ行くとはっきり分かることがある。

言葉にはしづらいけど、相性そのものみたいな部分を理解できるようになる。

合わなかったら、玄関を出たと同時に、擦り切れた感覚に襲われる。

その場合は、お互いのために次へ進もう。

 

 

2.方法

 

基本は、女の子に「家で俺と過ごすと楽しいよ。」と思わせておく。例えば、女の子の家へ行く前に、自分の家へ来てもらう。ひとり暮らししてない男が、女の子の家へ行くには、ちょっとしたテクニックを要するかもしれない。例えば、

 

『女の子の家の最寄り駅でアポる』

生活圏内のためか、和みやすい。

待ち合わせでは、油断も生じるのか、遅刻が多い。

その時は、

♂「ちゃんとして!(笑)待ち合わせ、今度は家ね。」

と伝える。

食事では、デザートをオーダーしないで「アイスおごって。」の流れも使える。

 

『料理できる男』

ハードルはやや高いけど、まず、2つの得意料理を持つ。

「ひじきの煮物」と「ティラミス」みたいな。

日常と非日常を感じさせられたらいいと思う。

 

『トークスクリプト

上手く誘導できなかったら、スクリプトを使ってもいい。

例えば、

♂「ベッドどんなん?」

♀「固めだよ。」

♂「どこのブランド?」

♀「シモンズ。」

♂「そこのベッドいいって聞いた。ちょっと試したい。」

とか、

♂「ケーキ作ってきたんだけど、切るもの忘れた。家にナイフある?」

♀「うん。」

♂「ちょっと貸して。」

とか言ってみる。

反応薄かったら、

♂「家行きたい。」

♀「ダメ。やっぱりきれいに掃除してから。」

♂「じゃ、ホテル行こう。」

和んで再挑戦しよう。

 

 

3.得られるもの

 

『女の子への知見』

情報量はセックスより深く大きいと思う。

女の子の優しさとか素直さとか内面で素敵だなと思っている部分が、こういう所から生まれてくるんだって知ると情が湧く。

一方、何回か行くと、汚い部分も見えてくる。

聖(性)俗に触れ、女性全体への理解が深まる。

 

 

以上、女の子の家について記した。

女の子は、「身体を許せる」+「α」が無いと家へ上げてセックスしない。

女の子の家へ行くことを1つの目標に口説するのも良いと思う。

 

 

http://twitter.com/joooeeeyyyoey

フォローやメッセージ歓迎♪  

 

はてなブックマークはてなスター・コメントもすごくうれしい♪

記事を書く何よりの力になっています! 

広告を非表示にする