homme à femme

fluctuat.nec.m@gmail.com

Break the ice!2

f:id:coqeut:20160216230634j:image
いよいよ、デートにおける『和み』に入る。
前回は、外見や主導権を握ることによる『和み』へのステップを記した。
今回のフィードバックでは、会話の盛り上げ方と相手への共感に注目してほしい。
Break Pointは、鉄板トークを取り上げる。
 
 
1.フィードバック
「変な人?実は?」
「いや、俺は全部オープン。今日は、ちゃんと素直に話して。せっかくだから。」
「ああ。」
「何か被っててもしょうがない。」
「ネコ被ってて?」
「そうそう。」
「被ってるけどね、今。」
「今、被ってないと、逆に怖いよね。」
「うん。」
「全部バーンみたいなw」
「それは...」
「それは俺もショックだわw」
「怖いわ。」
「それは話そうって思わないと話さないでしょ!?ちゃんと話してよ。」
「うん。」
「素直に。」
「まあね。」
「それでつまらなかったら帰っていいから。」
「ははは。」
「で、俺もつまらなかったら帰るから。」
「うんwそうだね。」
「お互い貴重な時間だから。」
「まあね。」
「同意?激しく同意してる!?」
「激しくってw」
「まだ分からないところがある。」
「分からないし、あの、あまり帰られた事ないけどw」
「いや、俺は帰るよw」
「あ、そうなの?」
「うん!」
「うん?」
「だって自分の時間に使った方がプラスだって思ったら帰るでしょ!?」
「つまらないって、例えば、どういう事がつまらない?」
「例えば、変な人。俺ばっかり喋ってるとか、自分の事を素直に喋ってくれない人っていうのは、話してもしょうがないって思う。」
「そういう人いるかも。」
「いるでしょ?」
「うん。」
「ずっとネコ被りっぱなしでさ。」
「あ、いるいる。」
「社交辞令で終わる人。」
「ああ、いる。」
「お前さあ...何なのこの時間は!って、俺は思っちゃうよw」
「ああ。」
「そしたら会計払わないで帰る。」
「ははは。」
「あと、分かんない連発はイヤになる。」
「分かんないw分かんないのは分かんない。」
「そんなに分かんないの?分かんないなりに何かあるじゃない?」
「分かんないものは分かんないことはあるんじゃない?」
「変になりそうwじゃ、社交辞令と分かんない連発したら会計だから!」
「えー、何それ!」
「ははは!」
「イヤだw」
「大丈夫そう。だって言わなそうだから。」
「そうだけどwいや、何か、すごい個性強いって言われるでしょ?」
「それ何!いきなり変な人レッテルを貼りに来た!w」
「いいじゃん。個性は個性で。」
「あ、O型でしょ?」
「ううん、AB型。」
「え、だって適当だから。」
「ははは。まあね、あまりAB型には見られないね。」
「ABに見られたい人?」
「見られたいね。だって芯のある人生を送ってそうじゃん!」
「いやいや、送ってないから、今日こうして来てるんでしょ!?w」
「そんなことないよ。」
「お見合いしたらいいじゃん。」
「お見合いねえ、どうなんだろう。ははは。いや、結構、毒吐くでしょ?」
「いやいや、俺ストレートだからね。」
「ウソ、私もストレート。じゃ、そのまま喋る。」
「じゃ、個性的って言ったのを受け入れるから、どんどんそういうの言ってよ。」
「ははは。」
「じゃないと、後で、何だったんだあの時間は!ってなるよ、絶対。」
「ああ。」
「俺、毒吐くのか...言われて気付いた。」
「毒っていうか、まあ、なんなんだろう、まあね。」
「いや、だってさ、毒じゃないんだよ。素直なんだよ。素直で良いことを社会とかが抑えちゃってるわけでしょ?」
「まあ、そうだけど。」
「周りの目とか。」
「そうね。」
「それ出さないと意味ない。」
「そうだね。」
 
 
2.Break Point
「O型でしょ?」
血液型を当てるのは、デートの鉄板トークだ。
理由は2つ。
1つはお互いの内面に触れられるから。
もう1つは精神から肉体へ切り込むトークの橋渡しとなるからだ。
具体的には、
 
血液型を当てる
付き合う人は何型が多いか
何型との相性がいいか
相性とは
 
のようなトークを組み立てる。
相手が素の状態を出せるように誘導しよう。
 
 
はてなブックマークや読者登録、Twitterのフォローすごく嬉しいです。
記事を書く何よりの力になっています!
広告を非表示にする