読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

homme à femme

fluctuat.nec.m@gmail.com

東京デート【恵比寿】

f:id:coqeut:20160309212856j:image
食いしん坊が集う街
 
美食の方程式を解け
 
食と性を満たすと人は優しくなる
 
そして野生は解き放たれる
 
 
 
 

戦局

「美味しい!」
「やっと自分の感情が出たね。そこ大事にしてる人?」
「うん。美味しい。」
「店には1人で行くの?」
「1人じゃ行かない。友達と行ったり。」
「男友達?」
「男友達と行ったりすることもある。」
「デートじゃないんでしょ?」
「うん。」
「そこの線引きはシビアだからw学習したね。ゆっくりだけど。」
「ペースがゆっくりなんだよ。」
「それ歳からきてる?w」
「何でそんなこと言うの!まあ、おばさんですけど。」
「年齢は関係ないwじゃあ、何で婚活してるの?」
「彼氏っていうか、真面目に付き合ってくれる人がいない。」
「真面目って何?俺は真面目じゃないよ!w」
「将来を見据えたみたいな。困った時にお互い助け合えるような。」
「そうじゃない男女の付き合いって何?身体が目的?」
「都合が良いじゃないけれど、好きだけれどそこまではって男の人いるから。」
「そこまではって?」
「先を見据えたとかじゃなくて、今...」
「楽しいみたいな。そんな男いる?この歳で。」
「あんまり悪く取らないで。人によっては全然結婚したいとかそういう意識無くて、ただ好きで会いたいからっていうだけの人がいる。」
「好きで会いたいって分かんないな。そういう恋愛をずっとしてきたの?」
「そういう人いた。」
「それでもいいってお互いに合意してたんでしょ?」
「その辺だよね。合意しきれないっていう。」
「セックスしてたの?付き合う前に。」
「はじめ、でも分かんない。」
「それは相性が良かった?」
「一緒にいて楽しいとかはある。」
「なんか回りくどいけど、ちゃんと付き合ってない人とそういう関係なるってことは、身体の相性ってことじゃないの?」
「都合のいい女なのかなとか考えたりもしたけど。」
「その人のこと好きだったの?」
「好きだったよ。」
「恋愛から始まるセックスか、セックスから始まる恋愛かで言ったら真面目じゃないんだ!?w」
「うん。」
「乾杯!今の一言をもらってときめいた。」
 
 

突破口

「美味しい!」
脳内において、食欲と性欲を司る部位は隣合っている。
そして、人間は本能的に美しいものを求める。
美食・美男美女・美肌。
美味しいお店・ファッション・エステは強い味方だ。
美を与える側でいよう。
 
 

戦地

タベルナ・クアーレ・クラシケ
 
 
はてなブックマークやフォローは凄く嬉しい。
デートが記事へ昇華する原動力です。
広告を非表示にする