読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

homme à femme

fluctuat.nec.m@gmail.com

東京デート【天王洲アイル】

f:id:coqeut:20160322223636j:image
 
 
 
 

戦地

T.Y.HARBOR
 
 

戦局

「営業の人?」
「いやいやいや。自分がやられたら嫌だからそんなんできない。」
「君はいい人だ!いい人フォルダに入った!」
「悪い人って言われたことない。」
「そういう人は悪い人に出会う確率が高い。」
「そうなんですよね。」
「そうでしょ?」
「私、あまり人を信じないので。」
「それ、君、悪い人だよ!w」
「人を信じないっていうのは、人柄が良ければすぐ信じちゃうんですけど。」
くまのプーさんみたいな人がいいの?w」
「間違いなくいい。」
「そういう人と付き合ったらいいんじゃない?」
「そういうんじゃない。」
「大分解れてきたね。ただ、俺、ストレートだから言うこと言うよ。」
「うん。私もね、言われた方がいい。」
「そんな感じする。ほんわか系だからw」
「ははは。」
「結構判断ブレるでしょ?」
「そう。」
「俺は決めるの好き。パンパンwその責任は取るよ。」
「決めてくれる人がいい。」
「そうやってきてる。前、付き合ってたのいつ?」
「3年前に別れたので、そこからはもう。」
「何もない!?つまみ食いとかもない?バゲットつまみ食いみたいのw」
「ないない。」
「いや、あるって顔した!w」
「はは。」
「こっちでワンナイト、だけど、忘れちゃったからもうワンナイト!そういう人?」
「してないですw」
「3年間、本当に何もない?セックスしてないってこと?」
「なんで?」
「身体は大事だから。素直な欲求でしょ?」
「別に欲求ないです。」
「それは押し殺してるだけだと思う。」
「ないないない。」
「女として見られたい?」
「別に...」
「したことはある?」
「付き合ってたんだから。」
「じゃあ、男として、俺のことどう思ってる?」
「◯◯歳?」
「年齢が気になるの?」
「いや、私、上じゃない?だからいいのかなって。」
「なにがいいのかななの?」
「年齢。」
「年齢は関係ない。そうじゃなくて、俺という男に対して、どう思ってる?」
「楽しいし、色々言われても自分のためになる感じ。」
「俺といてプラスになってる?」
「うん。」
「不快な気持ちにさせてない?」
「全然。」
「じゃあ、もっと失礼になった方がいい?」
「失礼!?」
「失礼ではないんだw女性ってさ、年齢重ねると性欲高まるでしょ?一般的に。」
「あ!よく言うw」
「そういうのをちゃんと話してくれたら嬉しい。」
「はは。今までこういう人いないから。色々物事を知っていて幅広い感じ。」
「そんなん知ってるんだったらWikipediaでいいんじゃない?」
「ははは。」
Wikipedia先生の方が色々知ってるよ!w」
「なんていったらいいんだろう?」
「今までどんな人と付き合ってきたの?」
「1番よかったのは前の彼。」
「どんなタイプの男性?」
「すごい優しくてお洒落で、色々楽しませてくれる。」
「それ、俺?」
「そうだね!」
 
 

突破口

くまのプーさんみたいな人がいいの?w」
いいわけないw
この質問をきっかけに
「男性はどんなタイプが好きか」
「付き合う人もそういうタイプか」
を聞き出し、恋愛話への布石とする。
プーさんみたいな人がいいと本気で言われたら、
「プーさんて、下半身裸だよ!w」
と伝えよう。
 
 

聖地

第一ホテル東京シーフォート
 
 
よかったら、はてなブックマークやフォローください。
エロスが記事へと昇華する唯一の原動力です。
広告を非表示にする