読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

homme à femme

fluctuat.nec.m@gmail.com

デートの話題2

f:id:coqeut:20170418211140j:image

前回は、導入として、世間話を取り上げた。

B!KUMAにも掲載された。

有難い限りです。

世間話では共感を大事にする。

心を通わせることで、関係が進むからだ。

今回は、次のステップとして、恋愛話を記す。

 

1.目的

相手の男性観や女性観を知るため 

例)

男「男性はどんなタイプが好き?」

女「優しいけど女々しくない人が好きです。」

男「俺は好奇心旺盛・ストレート・面倒見が良いので懐いていいよー」

自分が、それらしく振る舞えたら振る舞う。

 

性愛の話へ持っていくため

例)

男「前の人とは長かったの?」

女「元彼と10年付き合ってた。」

男「10年間ずっとセックスしてたの?」

女「束縛激しかった。」

男「浮気とか1回もしたことない?」

女「1回も浮気ない。」

男「じゃあ、その彼氏とは相当エッチの相性よかったんだね!?」

相手の性の部分に興味を持つと質問が出てきやすい。

その結果、踏み込み過ぎたら、フォロートークをする。

例)

男「ちょっとドン引きしてますよね!?」

フォローしたら、反応を観察し、再び恋愛話をする。

タイミングを計り、性愛の話へシフトする。

 

2.バランス

よく言われるのが、

聞く:話す=7:3

である。

これは、デートの会話の黄金比かもしれない。

振り返ると、お互い素敵と思えた時は、この比率に近いと思う。

しかし、会ってすぐだと中々むずかしい。

緊張もする。

自分は、美女とのデートで、緊張の余り、言葉が一切出てこなくなったことがある。

どうしようもなく、相手の話をずっと聞いてたら、

美女「サンドバッグみたいね。」

と言われた。

それ以来、エピソードトークのストックを始めた。

体験談を話し、相手の価値観を探る。

最初は、

聞く:話す=4:6

位にする。

相手の素の部分が出たら、聞く割合を増やしていく。

例)

男「ペット好き?」

女「はい。」

男「犬派?猫派?」

女「犬派です。」

男「マジか!

俺も犬飼っててめっちゃ可愛い。

うちの犬、夏は部屋から動きたがらないんだ。

エアコン大好き。

けど、俺が女の子を連れてくると、部屋から玄関へ猛スピードで駆けてくる。

そして抱きつく。

こういう犬、どう思う?」

女「わかりやすいw

うちのわんこは…」

 

 

コケット (@Joooeeeyyyoey) | Twitter

リツイートやフォロー歓迎♪

 

はてなブックマークやコメントもすごくうれしい♪

記事を書く何よりの力になっています!

 

広告を非表示にする