homme à femme

fluctuat.nec.m@gmail.com

デートの話題3

f:id:coqeut:20170502232333j:image

今回は、前々回と前回に続き、性愛の話について書く。

シモネタでも、ベースになるのは共感だ。

相手に寄り添いながらも、根強く明るく下品でなく、話題を出し続けよう。

 

導入

1. 真面目に切り出す

例)

男「キレイ好き?」

女「そうかも。」

男「この前した女の子、潔癖症で、ベッドの上だとメッチャ入り乱れる。」

自分の体験を元に話す。

その際は、細部まで極力語る。

臨場感が出てくる。

2. アホみたいにシモネタを言う

例)

男「暑いね。」

女「そうですね。」

男「今年のクールビズは、ノーパンノーブラらしい。」

例)

男「何色が好き?」

女「白。何色?」

男「履いてない。」

例)

男「恥ずかしがり?」

女「うん。」

男「俺も!実はさっき、チンポジを、机の角でそっと直してたんだ。」

例)

男「バージンになぜか性病うつされてた!」

例)

男「プラトニックラブって、日本では純愛と誤解されてるけど、実は、獣のように愛し合う後、真実の愛が芽生えるって意味なの知ってた?」

例)

男「上手すぎる異性って、最中はいいけど、終わった後、多くの事に気付くよね!」

例)

男「別れ際にキスするとさ、どうしてもう1度したくなるんだろう?」

要するにアホになり切る。

一旦切り出したら、このキャラを続けなければならないから難易度は高い。

深刻にならず真剣に遊ぶ気概が大事になってくる。

エロへオープンだから、セックスのハードルは低い。

事後、ギクシャクすることも少ない。

 

タイミング

デート開始5分後

例)

男「彼氏はいるの?」

女「いません。」

男「彼氏っぽい人がいる?」

女「・・・」

男「彼氏はいないです。彼氏に近い人もいないです?」

女「うーん、」

男「え!それは何とも思ってないってこと?」

女「いえ、」

男「それってどういう関係?」

女「ともだち。」

男「それっていわゆるセフレってやつ?

女「いや、」

男「うわー、いきなり突っ込んだ質問きたー!

これはさすがに答えづらい!」(気持ちの代弁)

相手を観察し、デート開始直後に、性愛の話を突っ込んでもいい。

しかし、まだ、シモネタAll Okayではないので、踏み込み過ぎたらフォローをする。

フォローは、単に謝罪するのではなく、相手の気持ちを代弁すると、次の展開が容易になる。

 

以上、3回に渡り、デートの話題について書いた。

記事は、世間話・恋愛話・性愛の話の順だが、この通りに進まないことも多い。

その時は、あの人だったらどう動くか、をイメージすると良い。

不思議と動きに軽さが出る。

後は経験を積む。

デート前は必ず戦略を練り、デート後は欠かさずフィードバックを行う。

イメージの力と経験知が、デートを楽しい時間にするだろう。

 

 

よかったらフォローやリツイートください♪

 

はてなブックマークやコメントもすごく嬉しい♪

記事を書く何よりの力になっています! 

広告を非表示にする