読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

homme à femme

快楽の追求。fluctuat.nec.m@gmail.com

デートの流れ4

f:id:coqeut:20151010152742j:image

デートの流れは最終回だ。

前回の記事も、多くのブックマークをもらい、SmartNewsにも掲載され、大きな反響をいただいた。

感謝の気持ちが溢れるばかり。

今回はホテルでのやり取りについて記すが、その前に1つ補足がある。

それは、店でのホテル打診についてだ。

読者の方から「どうやってホテル打診をしたらいいか?具体的に教えてほしい。」と言われたので、1例を示す。

 

『ホテル打診』

♂「楽しくなってきたから、誰にも邪魔されないところで、もうちょっと飲みたい。」

♀「うん。。」

♂「ホテル行くけど大丈夫?」

♀「うん。。」

♂「早く帰りたいって!?」

♀「終電間に合うように。」

♂「そういう言い訳で俺が避けられてる!」

♀「ちがうよー!笑」

 

店で性を意識させられていたら、女の子の拒否反応は流してよい。

笑いを混ぜつつ、再度、性愛の話をして感情を揺さぶる。

ホテルへの扉が開くだろう。

 

 

☆ホテル☆

 

誘導のコンセプトは『気持ちいいセックス』だ。

いいセックスをして愛の交歓を怠らなければ、活力溢れる生活を送ることができる。

これは、曼荼羅が教えることでもある。

気持ちいいセックスについては、

 に記した。

 

ホテルの部屋へ入ったら、グダはそんなに出ないと思う。

トークスクリプトは、この際、捨てよう。

グダが出たら、原因は、たいてい1つ前のフェーズに存在する。

例えば、ホテルでのグダだったら、原因は店でのやり取りにあるし、店でのグダだったら、原因は待ち合わせからのやり取りにある。

グダへの対処は、

を参考にしてほしい。

 

以上でデートの流れを一旦終了とする。

誘導を軸に、トークスクリプトを補助に据えて記してきたが、1番言いたいのは、『素敵な男になろう』ということだ。

常に愛で寄り添い、主導権を握る。

雑談であっても自分が会話を組み立てる。

その意識と実践から学んだことを記事にしたし、今後も継続していく。

上手くいかない時も、深刻にならず、真剣に遊ぶ気概で生きていこう。

このブログが助けになるなら、それに勝る幸せは無い。

 

 

http://twitter.com/joooeeeyyyoey

リツイートやフォロー歓迎♪

 

はてなブックマークはてなスター・コメントもすごくうれしい♪

記事を書く何よりの力になっています!

広告を非表示にする